学生ローンと利用目的

日本国内で学生本人を対象に融資を消費者金融が行うローンを学生ローンと呼びます。
銀行などの金融機関が学生の保護者を対象にして、学費や教育費の関係のために必要な資金を融資する場合を教育ローンと呼び、この2つのローンは異なることになります。
このようにローンを区別するのは日本だけと言われております。

学生ローンの場合には大手消費者金融会社が本人に対して融資を行う消費金銭賃貸借契約に該当します。
本来消費者金融会社が融資を行う対象者としては20歳以上の一定以上の収入がある人を対象に融資を行いますが、学生ローンの場合には20歳未満の未成年者や定職に就いていない学生、収入の少ない学生でも融資の対象としています。
20歳未満といっても高校生以外の満18歳以上の学生に限って利用できる融資になっております。

この学生ローンについて改正貸金業法が2010年6月18日に施行されたことにより、所得制限や年収制限により貸付金額が少なくなった影響があり、学生ローンの場合も以前とは少し異なることになります。
ただし、融資限度額は以前と変わらず50万円以下と少額に抑えている消費者金融が大多数を占めています。
その代わりに無職では審査が厳しくアルバイトなどの安定した収入がある人が対象となっています。
ローンを申し込む場合には使い道を申し込み事項に書いて伝えることになります。
そのため適正な使い道でなければ融資が通らないことになるので、注意が必要となります。
そこで次のページから学生ローンの有効な使い道について説明させていただきます。



▽特集
学生本人を対象に融資を行っている学生ローン専門の消費者金融です ・・・ 学生ローン 専門

Copyright © 2014 小口から大口まで、学生ローンの有効な使い道 All Rights Reserved.